上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時が経つのは早いもので11月も中盤に差し掛かろうとしています。

現在、住宅設計の案件を数件進めておりますが、そのうちの一つは偶然にも敷地が隣同士になる可能性が出てきました。というのも、建設が確定している住宅の隣地を所有しているのが工事を請負う工務店。
土地を売っても良いと話が持ち上がっており、依頼主もその周辺がお気に入りの様子。市街化調整区域なので法定上の条件をクリアできれば土地は確定する可能性が高いです。

しかし今は年明け2月に建築が確定している案件の実施設計を急ピッチで進めております。規模が大きいので設計のやりがいもあります。立ち上がったら大きいだろうなぁ・・・

建売住宅ならまだしも一般の住宅建築で隣同士というのは、なかなかないでしょうから近隣で何かと話題になるかもしれません(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hkarchi.blog117.fc2.com/tb.php/29-47bc7507
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。