上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月に入ってから暖かい日が続くと思いきや、急に寒くなったり雨が降り続いたり・・・
天候が安定しませんが、工事は着々と進行しています。
しかし、天候が不安定なせいか予定より完成が延びそうな気配(汗)
外部の工事は天候に左右されてしまうので、工期の調整が難しいですね。


本題に入る前にチョットひとこと・・・


どの案件にも言えることなのですが、建築計画するときは「建築+外構」で進めていきます。
敷地の形状及び傾き、道路の方角、周辺の環境を考慮し建物の配置を決め、それと同時に外構計画も進めます。
建物の配置が決まった時点で、外部空間も自ずと決まってきます。
あとは、どんなデザインにするのか、どんな材料を使うか、どんな樹木等を植えるのか、を検討していきます。

ただ、植栽計画というのは樹木の事をキチンと理解していないとできないですね。
建築でも適材適所に使う材料等があるように、植栽にもそれがあります。

乾燥に強い樹木、手入れの楽な樹木、害に強い樹木、スクリーンに向いている樹木、庭を明るくしたい時に使える樹木、などなど・・・

多種多様にある樹木を理解して配置計画するのは建築と違った難しさもありますが、同時にこの建物と樹木が存在する空間はどんな感じになるんだろう!?といった想像する「楽しさ」も湧き出てくる思いです。


一言が長すぎちゃいましたね(汗)



岩舟の家の外構工事も造園の作業に今週から入りました。
やはり樹木が植えられてくると、建物がグッと引き立ち白の外壁と新緑のコントラストが強調され、癒しの外部空間が出来ました。


↓「鑑賞の庭」を南から
植栽1

↓シンボルツリーの「ノムラカエデ」
植栽2

↓木立がスマートなシロツバキ
植栽3




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hkarchi.blog117.fc2.com/tb.php/8-e02a7f2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。